「ベビー」の記事一覧

セレクタ【木製ベビージム『ムジーナ』】

MARC BY MARC JACOBS【マザーズバッグ】
デザイン

さすがドイツ製といったデザイン。赤ちゃんの目がいきやすいビビッドカラーが吊るされていて、つかむと鈴が鳴ります。
価格

きちんとした作りの割には安め。
使いやすさ

木で出来ているのでぬくもりがあり、木独特のなめらかさがあります。顔の上にくるように置いてあげると、自分から手を伸ばしてみたり、ジーッと見つめたりして楽しそうです。
総合

月齢は4か月~が望ましいと思います。一度つかむと鈴が鳴るとわかると、面白そうに引っ張ったり、視野に入るだけで喜んだりします。木のおもちゃはぬくもりがあり、出産祝いなどにはもってこいのアイテムではないでしょうか。キャラクターものやあまりおもちゃを置きたくないという方にも喜ばれる贈り物だと思います。私もこれは両親にもらったのですが、置いてるだけでインテリアとして引き立つし、次の子にも使えそうでとても嬉しかったです。

(さらに…)

生後0か月~1歳【ベビー服のサイズ】

出産祝いを贈る時、大体どれくらいのサイズのものを買えばいいのか悩むときありませんか?
出産してすぐだから新生児サイズを買えばよいのか、半年くらい先のサイズを買えばよいのか。
でも、半年先のサイズってどのくらい~!?
などなど、わかるようでわからない、赤ちゃんの服のサイズを紹介します。
(個人差があるので、あくまでも標準サイズのお話です)

生後4か月まで

大体の赤ちゃんがまだ新生児サイズ(50-60)が着られます。

生後12か月まで

大体の赤ちゃんが60-70サイズで、80サイズの服も着こなせます。

贈り物をするなら

お洋服をあげたい場合は、新生児の出産祝いでも70-80サイズが一番嬉しいです。
と言うのも80サイズは長い子で約1年間着ることができ短い子でも約半年間着ることができるのです。
ワンピースやTシャツなど、丈が決まっていない場合はその後レギンスと合せてチュニックにもできますし、Tシャツでしたらインナーにもできます。

靴の贈り物

赤ちゃんの小物って本当にかわいいですよね。
靴は人形の大きさで、柄も全部かわいい!
でも、靴だけは一緒に行ってサイズを見て買うことをオススメします。
赤ちゃんの靴は+1cmと言われていて、大き目を買ってもぴったりになってしまったらかわいそうですよね。
どうしても靴を贈りたいという方は、ギフト券にして『靴を買ってね!』と一言添えるといいかもしれません。

嬉しかったもの

私は娘が生後2か月くらいの時にたくさん出産祝いを頂きました。
その中でもワンピース系・羽織る系はすごく嬉しかったです。
少々大きくてもずっと抱っこをしている時期なので、裾が床につくわけでもなく、下にレギンスを履かせていました。
GAPのワンピースは大き目だったので、なんだかんだで半年くらい着ています。
羽織る系は、袖を折って着せていたので、春に着せていてこの秋にも着せられそうです。

冬の出産【12月:女の子】

冬の出産【女の子編】です。
今回、アンケートに協力してくださったのは、12月に女の子を出産したnekotomさんです。
かわいい娘ちゃんの子育てを楽しんでいるnekotomさんの、リアルな体験談をどうぞ!

冬の出産でよかったこと

我が家はわんこがいるので、お散歩を兼ねて自分の運動を汗をかかずに気持ち良くできました。
近所の方もお散歩してる人が多かったので、よく『妊娠何カ月?』と聞かれていろんな方とお話できたのも気分転換になって良かったです。

冬生まれの赤ちゃんのよかったこと

クリスマス、年越し、お正月など年末年始のイベントに新しい家族が増えて、親戚なども凄く喜んでくれて楽しく過ごせました。

冬生まれで困ってしまったこと

沐浴とかがやはり寒くないかなぁと心配でした。
我が家はベビーバスをリビングに運んで、暖かいとこで沐浴させてました。
このベビーバスの移動が、お湯を張って移動させるので重くて大変でした。

あったほうがいいかな?

赤ちゃん用の保湿クリームとかローションは必須だと思います。結構乾燥しちゃうので!
お出かけ用の帽子は、寒い時期にちょっとそこまでお散歩とかで耳も隠して被らせて寒さ対策してました。
(さらに…)

秋の出産【11月:男の子】②

18500414秋の出産【男の子編】第2弾です。
今回、アンケートに協力してくださったのは、11月に男の子を出産したmisaさんです。
とってもかわいくてちょっぴり天然なmisaさんのリアルな経験談です!
【女の子編】はコチラです。

秋の出産でよかったこと

夏から秋へといい季節に向かってお腹が大きくなっていくので、つわりが終わってからは積極的にお出かけしてました。臨月で安産のために運動をする時も、お散歩をするにはとても気候が良かったなぁと思います。産後まだ、体型が戻せてなくても冬なので服装でごまかせます(笑)薄着になるまでに猶予があるので良かったです。といいつつ結局戻し切れていませんが。。

秋生まれの赤ちゃんのよかったこと

世間ではインフルエンザやノロウィルスなどが流行していましたが、新生児期は必要最低限以外の外出はせずに室内で過ごすので、母子ともに病気を気にすることなく過ごせたことです。首が座り、お出かけ出来るころになるとちょうど春めいてくるので、息子と一緒にお散歩するのが気持ち良かったです。

秋生まれで困ってしまったこと

ミルクの吐き戻しやうんち漏れなどで1日に何度もお着替えをしたのですが、冬場は洗濯ものが乾きにくく大変でした。
夜間の授乳は寒くて大変だったのと、産後1ヶ月湯船につかれなかったのも辛かったです。

あったほうがいいかな?

困った事で書いたことに関連しますが、吐き戻しが多い赤ちゃんの場合だと肌着などは育児書に書かれている必要枚数では足りなくなり買い足したので、少し多めに準備しても良かったなと思いました。
(さらに…)

秋の出産【11月:男の子】①

秋の出産【男の子編】です。
今回、アンケートに協力してくださったのは、11月に男の子を出産したタラコさんです。
お見せできないのが残念ですが、とってもキュートで元気なママさんです。
では、以下、タラコさんのリアルな経験談です!
【女の子編】はコチラです。

秋の出産でよかったこと

188dc032ca0011e1bef722000a1e8bb5_7_large臨月、正産期に向けてどんどん過ごしやすくなっていったので、正産期に入ってから毎日ウォーキングに気持ちよく出掛けられました。ちょっと太りすぎてしまい、体重や食べる物に神経質になっていましたが、ウォーキングをして景色を見たり外の空気を吸うことでリフレッシュにもなりました!秋のウォーキングはとっても気持ち良かったです。
出産したのが日付が変わってすぐで、約2日間シャワーを浴びられませんでしたがそこまで気にならなかったです☆←私だけかもしれませんが…(笑)

秋生まれの赤ちゃんのよかったこと

ずーっと抱っこマンな息子だったので腕は痛いし何も出来ない状態でしたが、唯一!!湯タンポを抱いているようで暖かかったです。
おくるみでくるんだり毛布でくるんだりするとよく寝る子だったので、暑さを気にせずぐるぐる巻きにできたので良かったかなと思います。暖かくなってくる頃には逆におくるみを嫌がるようになったし、寝返り等もするようになったので背中や首の後ろ等のあせもに悩まされることもなかったです。

秋生まれで困ってしまったこと

一番は寒さと乾燥でした。私自身のことでは夜中の授乳はお布団から出るのもつらかったです。添い乳がうまくできなかったのでいちいち起き上がるのが自分との戦いでした。息子の手もキンキンに冷えていたりしてそれでおっぱいを触られたりしたらヒエーΣ(゜Д゜)ってなってました。
赤ちゃんも冷やしちゃいけないし、寒さ対策に余念がなかったです。暖かい時期に出産した友達は肌着着せて転がしておけば良かったから楽だったよ〜と言っていました。
沐浴から、大人と同じお風呂にしてからもお風呂上がりは自分はすっぽんぽんでとりあえず赤ちゃんの服を着せるのが先!!なかなか過酷でした。
ねんねの時、寒さが気になり赤ちゃん用の毛布や掛け布団等数枚かけていました。赤ちゃん用だから軽いとはいえ、窒息しないか心配でした。

あったほうがいいかな?

ブランケットは何枚あっても良かったです。私は各部屋に一枚ずつ、ねんね用に一枚、車にも一枚、実家にも数枚置いていました。お祝いでも何枚か頂き本当に重宝しました。夜中の授乳の際もブランケット仕様の授乳ケープを使っていました。赤ちゃんにもお母さんにも使えて、すぐ手の届くところにあると便利だと思います。
(さらに…)

Ads by Google
サブコンテンツ

このページの先頭へ