「育児日記」の記事一覧(2 / 6ページ)

子連れで沖縄in小浜島!!!④~興奮のお宿!はいむるぶし~

【子連れで沖縄in小浜島①~焦りまくった初日~】
【子連れで沖縄in小浜島②~まだまだバタバタ2日目~】
【子連れで沖縄in小浜島!!!③~幻の島!最年少記録?3日目~】
続き、そして完結編です^^

3泊4日の小浜島の旅、はいむるぶしに泊まっています♪

今回は前回書くと言っていた【はいむるぶし】のことについて書いていこうと思います。

リゾートステイが気になる方

お子さんが小さすぎてあまり出歩きたくない方

ご夫婦でまったり過ごしたい方

こんな方々には、本当にもってこいの宿だと思います^^
宿のアクティビティも充実してましたよ!

まず、はいむるぶしの場所!

accese
○画像小さくてすみません~笑

西表島の少し手前です。
すぐ先に見えるけど、行くのには一度石垣島に戻って行かなくてはいけないので少しめんどうでした・・・笑

図で見てもわかるように、星野リゾートと隣同士です。
門が隣で、中に入って行くにつれ分かれていくイメージ。

船をおりると小さな待合所を通って駐車場へ!

小浜港まで迎えに来てくれます!

2015-11-25_21.48.09

ものの5分くらいで着きました!

ハイサイ!はいむるぶし~!

DSC_0914

逆のシーサーはシュノーケリングしてるよ~♪

DSC_0913

中に入ると素敵なロビーが広がっています。

DSC_0915

ここだけで本当に大満足!

あと、一番感動したのはお土産屋さん!

写真を撮れなかったですが、置いてあるものが本当にスバラシイ!

普通、ホテルのお土産屋さんって、どこかありきたりな、「これっていつから売れてないのかしら?」なんて思うものが多いですが、このはいむるぶしはニーズに合ってるのです。

事実、私も水着の上に履くショートパンツを購入したし、ほかにも買っている人も結構見ました。

一番は【ダサくない】これが大きいと思います。

ボーダーのマキシワンピースも今風のデザインだったし、私が購入したショーパンもリバティ柄。

お子さんの水着を買っている方もいましたが、「え?なにこの柄…」みたいなものではなく、子供がほしがるのもわかる!的な柄でした。

商品なので写真に収められなかったのが残念です。

まぁそんなこんなでお部屋に移動!

広い敷地はコレで移動します。

images

確か3日で8000円くらいと、少々お高め(笑)
私たちはツアー代金に含まれていたので0円でしたが、もし自分たちで支払うとなると借りなかったかもしれません。

というのも、広い敷地内、シャトルバスが走っています!
もちろん無料

プライベートビーチまで歩くと結構あるのですが(おそらく10分~15分)、定期的にバスが出ていて、それに乗れば行けちゃうし、他に利用することもそんなに無いと思うので^^

私たちが海に向かっている時に、ビーチまで歩いている家族を見ましたが、ちょっとしんどそうでした…笑

シャトルバスが行ったばかりだったのかもしれませんが、真夏だとしたら歩くのはおすすめしません^^;
結構しんどいと思います。

でも気候がよければ歩いている最中にもフォトスポット素敵な置物などなど、楽しめるポイントもいくつかありました。

その海!

DSC_0923

結婚式も行われるという素敵なアーチのあるビーチです!

DSC_0919

ビーチカフェもあります。

私たちはビールとココアで乾杯!笑

DSC_1108

レンタルのお店やアクティビティもあるので、他のマリンショップに行かなくても十分に遊べると思います!
(ただ、シュノーケルやダイビングは少しお高め)

アクティビティ専用のデスクがあるので、初めての方やめんどくさい方は相談できる&楽なのでオススメです♪

びっくり。

海の話ばかりで部屋の紹介してなかった。笑

今回はこんなお部屋でした!

DSC_0917
(荷物広げてから写真撮ってないことに気づいた・・・笑)

公式HPからお借りしてきました!

4497792_193_z

これがスタンダードらしい!
すごいぞ!はいむるぶし!
いや、すごいぞ!HIS!

部屋からは海が見えるし、ベッド以外のスペースもかなり広く、2台あるソファはお昼寝ができるレベルの奥行き。

お風呂も洗面所もトイレもかなり余裕があり、コテージのようなつくりになっているので、プライベート感がありました。

部屋の目の前に駐車場があります~!

P1090220k

今回は満車になることはありませんでしたが、シーズンだときっとギュウギュウになりそうな予感。

もちろん、食事に行くときにもカートに乗っていきますよ~!

1日目は高級な黒毛和牛をいただきました!

DSC_0956

ガーデンで食べることもできますが、この日は風が強かったので室内へと変更になっていました。

ちなみに夜のガーデンはこんな感じ。

caption

やばいですよね!笑
おいしいお肉がさらにおいしくなっちゃう!

2日目~はビュッフェ!

入り口にはきれいな水槽がありました。

小さな子供たちはみんなここでひとまず大はしゃぎ~
(私も結構はしゃぎました笑)

夜のビュッフェの写真撮らなかったのでサイトからお借りしてきました↓

maindinning_img_list_01

日替わりですが、ステーキがあったり、本格的なパスタがあったり、チョコレートファウンテンがあったりと、大大大満足なラインナップでした。

もちろん郷土料理もあり、ソーキソバも食べ放題♪

それと一番嬉しかったのが離乳食があったこと。

レトルトが何種類かあり、好きなものをチンして食べることができました。
(お部屋へのお持ち帰りはNG)

知らなかったので3泊4日分の離乳食を持っていっていたので、減るはずの荷物は減らなかったけど、かなりうれしかったです♪

○余談ですが、以前泊まった星野リゾート・リゾナーレ熱海では、ミルクのキューブが『ご自由に』でした。

今はどこも赤ちゃんに優しいですね。
(昔を知らんけど)

ちなみに、朝ごはんのビュッフェも最高でした!

みんなの朝ごはんの時間はだいたい同じくらいなので、時間帯によって少し混雑はしていますが、運がよければテラスでのお食事も可能!
(夜は別のお店になっているので有料スペース)

そして私たちは運がよく、その有料スペースで食べることができました。

DSC_1038

本当はテラスが空いていたのでそこにしようかな~と思っていたのですが、子供いすを持っていったりするのがめんどうでやめました。

でもテラスにしなくてよかったな、と思ったことがひとつ。

他の方がお食事をしていて、料理をとりに行っている間にカラスがその人のご飯食べてた(笑)

共存!笑

とまぁ、こんな感じです!

他にも大きな広場があったり・・・

DSC_1135

みんなで乗れるハンモックがあったり・・・

DSC_1100

素敵な池があったり・・・

DSC_1035

でも、私が一番素敵だなと思った景色は、朝焼けが映る海かな~。

P1090200k

朝の海は活力が湧いてきます。

いかがでしたでしょうか。

子連れでもなんとかなります!

沖縄は3月に海開きをするので、悩んでいる方!よかったら選択肢のひとつに加えてみてください♪

よかったら見てみてくださ~い!⇒はいむるぶし

子連れで沖縄in小浜島!!!③~幻の島!最年少記録?3日目~

【子連れで沖縄in小浜島①~焦りまくった初日~】
【子連れで沖縄in小浜島②~まだまだバタバタ2日目~】
続きです^^

3泊4日の小浜島の旅、はいむるぶしに泊まっています♪

前回の最後にちらっと書いた↓
『ビュッフェダイニングの前に、「またー?」ってことがあったので、また次回書きたいと思います(*゚∀゚)』
という、この話のこと!

それは、ご飯を食べる前に、【明日使う浮き輪に空気を入れておこう】という話になりました。
↓こんな大きいのとあと2つ。
DSC_0659
というのも、またもや朝からシュノーケリングの予約をしているので、今度こそ時間に余裕を持っていきたいから!笑

フロントに自動で入る業務用の空気入れがあるとのことで、ご飯の前に立ち寄ると、

『ものの数分で入るので、明日の朝でも大丈夫ですよ』
と悪魔の囁き(ただのスタッフの方の発言)がありました。

『いや、朝はバタバタするので、どうしても今日中に入れたいです!』

と私。

『でも帰りにカートに乗せて帰りますと荷物になりますよ』

と、やはり悪魔の囁きが。

というのも、シュノーケリング用の浮き輪に普通の浮き輪2つ。

そら、膨らましたら荷物になるよね。

すると、何を思ったのか旦那が

『数分で空気はいるなら明日の朝でもいいんじゃない?』
と言い出した!

この期に及んで!
まだ懲りない!
アホか!

でも、二人がそう言うならまぁ、いっか…と思ったもう一人のアホな人は私です。。

でも食事中に旦那は改心したらしい(*゚∀゚)

『やっぱり今日中に膨らましておこうか…』

ほらね!
ほらね!
やっぱりそうでしょ!

結局、夜のうちに膨らましてクロークで預かってくれたので、カートに乗せて帰ることもなく助かりました(笑)
(最初から言ってくれよ…笑)

そして、例によって、バッタバタだったので膨らましておいてよかったです(笑)

でもでも、この日の朝食は優雅にお外が見える席で頂きましたよ~♪
DSC_1038

テラスでも食べられたのですが、カラスにご飯持っていかれてる人がいて、そうしなくてよかったと思いました(笑)

そして、その浮き輪を持って向かった先は

幻の島!!!
DSC_1045 (1)
正式名称は【浜島】という無人島で、干潮時にしか現れないので、幻の島と呼ばれているそうです。

水深は浅いところでくるぶしくらい、深いところでもみぞおちくらいの、子供にとっても優しい島です。

THE南の島!な熱帯魚がたくさんいて、シュノーケリングも楽しかったです(*´ω`*)

そしてあちこちから
『赤ちゃんいる~!』みたいな声が!笑
2015-10-22_14.52.10
おそらく、幻の島に上陸した最年少記録かもしれません!笑
(なんの根拠もないですが…)

陸を歩いて行けるわけではないので、まず高速船、しかもボートみたいなのに乗るわけで、親も勇気がないと乗せられないので、なかなか誰でも行けるわけではないのです。

そして、その勇気ある親の私は、ネオンカラーの魚の後をつけて夢中になり、船に戻るのがギリギリになりました…笑(またかよ…)

一応これでもA型です…笑

そして次に向かったのは【お魚畑】というポイント!

マジでお魚畑
船の上からも魚が見える!

私達がお世話になったのは、シュノーケリングのというSHOPなのですが、船がめっちゃ速い。
DSC_0908 (1)
だから光なのかな。笑

息子はそんなめっちゃ速い船で爆睡してた(笑)
2015-10-22_14.49.40
でもそのお魚畑のポイントについたらグズグズが始まってしまいました…

眠いのに寝られなくて、泣きっぱなし。。
息子にも申し訳なかったし、船長さんや同乗者の方にもご迷惑をおかけしました(+o+)

みなさんバスタオルを貸してくださったり、声かけてくださったり、帰りの船では泣きつかれたのか爆睡でした。

2歳の娘は、魚にえさをあげるのが楽しかったみたいです。

でもえさをあげることが目的なので、魚がくいついてるところは一切見てない♡

そしてびっくりなのが、底の見えない海に入りたいと言い出した!
DSC_1044
大人でも躊躇する人いるくらいの沖で、まさかの2歳でデビュー(*´ω`*)

海が怖い、私の姉に勝ちました(笑)

たった3時間でしたが、子連れにはベストな時間だったと思います。

その後は水着のまま、またはいむるぶしまで送ってもらい、みんなでお風呂タイム!からの~ランチタイム♡

午後ははいむるぶしでゆっくり過ごすことにしました。

でね、お昼に食べた牛汁そばがね、びっくりするほどおいしくなかったよ…笑

何かを入れ忘れてませんか?っていう味。

他の料理が美味しかった分、残念すぎて、帰りに書くアンケートにも、そのことを書いてきました!(^O^)!

次行った時にはおいしくなってますよーに!笑

午後からは、はいむるぶしプライベートビーチでまったり遊んだり
DSC_1117
ビーチカフェでゆっくりお茶したり…オリオンビールを飲んだり。
DSC_1108
これぞ、贅沢。

息子はビーチカフェのベンチソファで、おとなしく遊んでました♪
DSC_1112

この後貝殻を拾ったり、写真を撮ったり、ゆったりとした時間を過ごすことができました。

次回は、お待ちかね!の【はいむるぶし】のことについて書きます!

リゾートステイが気になる方

お子さんが小さすぎてあまり出歩きたくない方

ご夫婦でまったり過ごしたい方

こんな方々には、本当にもってこいの宿だと思います^^
宿のアクティビティも充実してましたよ!

よかったら見てみてくださ~い!⇒はいむるぶし

子連れで沖縄in小浜島!!!②~まだまだバタバタ(笑)2日目~

今回は西表島と由布島へ行った、2日目のことを書きます♪
写真たくさん載せてまーす!

【子連れで沖縄in小浜島①~焦りまくった初日~】の続きです!

まぁ例によってバッタバタの2日目の朝。

なんでバッタバタかというと…

えぇ、寝坊しました。

なんでいつもそんなんなの?って思いますよね?

なんでなんでしょうかね…笑

友達と姉には、『ほんと一緒に旅行したくないわー』と言われました(*゚∀゚)テヘ

まぁまぁそれはさておき。←

今回はHISのパッケージツアーで小浜島に行ったのですが、オプションがすごいのです。

西表島マングローブ林を船で探索

由布島に水牛で渡る&周遊

星空を眺めるナイトツアー

往復の乗船券やら昼食やら諸々(のちほど詳しく)

なんと15000円分もついてくる♡

行けなくても返金はないのでガッツリ参加!!!

まず最初の西表島に行く船は石垣島からしか出てないので、小浜島から石垣島へ船で戻ります。
kohamaima
目と鼻の先にある西表島なのに…

30分かけて石垣島に戻って、35分かけて西表島へ…

なにこの無駄な時間!!!(笑)

その船に乗るには逆算して、7時にホテルの朝食を食べて8時10分小浜港行きのシャトルバスに乗る!
(はいむるぶしから港行の無料バスが、定期的に運行しています!)

で、7時に起きました…orz

豪華な朝食ビュッフェよ…

でももったいないし、慌てて食べて部屋に戻って用意して、間に合った~!

小浜港~石垣港~西表島の大原港に着き、船でマングローブ林の探索ツアーへ。

人の手が入っていないマングローブは、本当にすごかった。
ディズニーのジャングルクルーズみたい。
DSC_0963
途中カヌーをしてる人がいたり、カワセミがいたり、サギがいたり、ラジバンダリ。

時間がゆったり流れてる、沖縄らしい風景でした。

もっと時間に余裕をもって行動したいものですね!笑

1時間ほど探索したあとはバスで!
DSC_1020
由布島の水牛乗り場へ。

バスの運転手さんの面白いトークを聞きながら必死にイリオモテヤマネコを探すも、そんな簡単に見つかるわけもなく…。
P1090056k
↑イリオモテヤマネコの注意喚起の看板!

でも、カンムリワシの飛んでる姿を見ることができました!

カンムリワシ天然記念物で、県鳥!

バスの運転手さん曰く、飛んでるカンムリワシを見られるのは貴重とのこと。

そして由布島に到着!

すごい雑な感じの入り口(笑)
2015-10-19_18.35.06
こーゆーの嫌いじゃないよ!笑

お姉さんが三線を弾きながら島唄を歌ってくれて、水牛に揺られること5分ほどで由布島に到着。

でもね、
お姉さん、歌唱力無さすぎ。
練習して。
まじで。

ここでお昼休憩をとりつつ観光も含め、2時間滞在。

一周2kmしかない島に2時間。。

その時は何するんだよ、って思ったけど、結果的には2時間満喫(*´ω`*)

まず、ものすごいテンションでレイをかけられる

で、ものすごいテンションで写真を撮られる

そして、ものすごいテンションで、その写真を売りつけられる

ま、買わなくてもいいですけどね。
(私達は買わなかったけど、結構みんな買ってた)

で、由布島で一番興奮したこと。

ヤエヤマオオコウモリがいた!
P1090088k
まじで大きかった!
仔犬くらいの大きさで、興奮した(笑)

その後ふらふらしてたらレストランに到着。

パンフレットに『郷土料理のお弁当』と書かれてたからビビりながら開けたけど、どれもおいしそうで、実際に味付けも良くおいしかった!
(私達はソーキそば以外の沖縄料理が苦手です笑)
DSC_0982
でも量も少なかったしソーキそばも注文。
DSC_0983
やっぱりおいしーわー(*´ω`*)

その後更に奥に進み、いろいろ見て回り、集合時間の20分前には集合場所に着いたぜ♡

やってやったぜ♡
やればできるんだぜ♡

そして帰りの三線を弾いてくれたおじぃが衝撃でした…

音痴すぎる…笑

みんな笑いをこらえながらも吹き出し、途中からはゲラゲラ笑って、楽しい由布島観光はおしまい(*^_^*)

あ!
由布島にはちゃんと授乳室ありましたよー!
DSC_1005

夕方17時。
まだまだ明るい沖縄。

カートで、はいむるぶし内を散策。

水牛、ヤギ、うさぎ、カメ。
DSC_1059
とにかく自然と一体の宿。

今更ですが、私達の部屋はここです!
P1090199k
コテージのようになっていて、部屋からは海が見えました。
P1090200k
スタンダードタイプなのに部屋が広い!

やるな、HIS!!!

敷地は広大すぎて、カートで移動します。
P1090220k
このカートは8000円くらいで3泊借りられるのですが、これもオプションでツアー代に込み。

このカートのお陰で、あちこちぐるぐる散策できました。
(借りなくても不便はしないけど、ケチらず借りることをおすすめします。正直、ないと不便です。どっちやねん。)

夜ご飯はビュッフェダイニング!

ちなみに前の日はグリルダイニングで、沖縄で放牧飼育されている黒毛和牛を頂きました(*´ω`*)
DSC_0956
ほんとにおいしかった!
主人は今までで一番おいしかったと言ってました^^

ビュッフェダイニングの前に、『またー?』ってことがあったので、また次回書きたいと思います(*゚∀゚)

今回も長くなってしまいましたが、肝心なはいむるぶしのこと、全然書けてない!

とっても素敵な宿なので、宿だけの紹介の日記も書きたいな♡

はいむるぶしに泊まっています(*゚∀゚)

では(*^_^*)

子連れで沖縄in小浜島!!!①~焦りまくった初日~

DSC_0908

前回は『子連れでヒリゾ浜』という日記を書きましたが、今回は沖縄県の小浜島というところに行ってきたので、

「へー、0歳2歳がいても9時間もの旅に耐えられるのね~」と、温かい目でお読みください(*´ω`*)

まず小浜島の場所。

簡単に言うと、沖縄県の石垣島のまだ先。
kohamaima

静岡県から行ったのですが、まじで遠かった。

さきほども書きましたが、実に9時間!

車~飛行機~乗り換えて飛行機~船

朝の6時15分に静岡県にある自宅を出発。

10月の連休を1日多めにとって、10/9に出発しました。

出発した日は金曜日。
時間は朝の通勤ラッシュの時間帯。

高速はまだよかったものの、一般道やら首都高やら渋滞…渋滞。

『乗り遅れるかな…』
『いやー頑張ればいけるっしょ!』

と、ネガティブ夫ポジティブ妻なので、なかば、私のテンションに押し切られる形で進む。

9時25分発の飛行機で、羽田空港駐車場に8時45分に着きました(*゚∀゚)

『間に合ったねーよかったよかった!』

と言いながらも、二人で荷物を持って小走り。

主人が先に搭乗手続きに向かい、私は子供二人連れて後からついて行ってると、なぜか搭乗手続きができないっぽい。

保安検査場はまだあいてるしなぜ?

時間はまだ9時

顔面蒼白の主人がこちらに向かってくる。

『ANAとJAL間違えた…』

(´゚д゚`)エー!!!

『もうダメだ…ここからバスでANAのビルに行かなきゃだし、間に合わないよ』

『とりあえず、行こう!』

9時5分にバスに乗り、ANAには5分後に到着。

降りてからも走る。
めっちゃ重たい荷物と12kgの娘を抱っこして、走る。

私も8kgの息子と、そんなに重くない荷物を持って走る。

やっとカウンターに着いた時にはもう保安検査場は締まっていた。。

え?まだ15分前じゃん!
なんでさ!

『出発時間は9時20分ですので、こちらの大きいお荷物をお預かりすることはできません』

出発時間も間違えてた…笑

『じゃぁどうすればいいですか?』

と聞くも、らちがあかない返事ばかり。

そうこうしてるうちにもう飛行機行っちゃうよーε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

『とにかく、誰かに聞いてください!』

と言うと、しぶしぶ機械をいじり始め、誰かに電話。

○私達はツアーでチケットをとっているので、今日この飛行機に乗れないと何もかもがパー。

○9時間もかかるので、ひとつ見送ると離島の船が無くなってしまう。

○すると、石垣島より先に進めない。

私達二人ならいいけどね、子供もいるし、ほんとに困る。

まぁ、ANAとJALを間違えたのがいけないんですけどね。笑

しかも二人して自信満々で間違えた(*゚∀゚)
だから駐車場もJALを予約した(*゚∀゚)

アホですね。

電話をしていた、おねーさんが戻ってきた!

果たして私達は小浜島に行けるのか!

はい、無事行けました♡笑

今回だけですからね!(●`ε´●)
てな感じで、ペコペコしながら飛行機に乗りこみました。

心の中で、すこしだけ罵ってごめんね、おねーさん。

まずは那覇に向けて2時間の旅。

きのこのクリームリゾット食べて、大満足。
ANAは機内食がおいしい(*´ω`*)

「はー、よかった!」
って、ふたりで何度言い合ったことか。

次の日記では小浜島のこと、書きますので(笑)

ちなみに船から撮った小浜島の海!
DSC_0908

ブルーじゃなくてエメラルド!!!

はいむるぶしに泊まったよ(*゚∀゚)

では(*^_^*)

イヤイヤ期その後②

前回の【イヤイヤ期のその後①】の続き的なやつです。

元々は【イヤイヤ期の向き合い方】からです。

でね、イヤイヤ期で何があったか!ということをダラダラと(←おい)書いていこうと思うわけです。

ランキング形式にする?
それともほんとにダラダラと書いちゃう?

まぁ、言うほど大したことはないのですが。。。

まず

ほんとにイヤイヤ言う

これはビックリです。
イヤイヤ期ってつけた人天才やん、って思うほど。
なんでもかんでも『いや』で会話終了!
ピーツ!(ホイッスルの音ね)

靴履きたくない、服着たくない

まずはパジャマ脱ぎたくないから始まる。
そんで服を着たくない。
靴下履きたくない、か~ら~の~、靴履きたくない(もしくはこの靴ヤダ)!
ピーツ!(しつこいけどホイッスルの音ね)

歩かない

これは本当に困った…。
うちは4階でエレベータ無しの古いアパート(?)みたいなとこに住んでます。
まず4階から1階まで抱っこ。
0歳の息子を抱っこひもに入れ、マザーズバッグを肩からかけて、イヤイヤ期さんを抱っこ。

そして1階から駐車場までが遠い。
都心に住んでる人なら最寄駅まで行った方が早いレベルで遠い。

もちろんそこも抱っこ。

もうね、ムッキムキですよ。
カッチカチですよ。

これを1日1往復です。
階段上がるのもイヤなので、帰りはそれにプラス荷物付!

家にいるよりは気分転換になるし、と思っても、どっちに転んでもしんどかったなー…(遠い目)

なんか、愚痴みたくなった!笑

最近はイヤイヤ言わなくなったけど、自分でなんでもやりたい期なので、それはそれで大変な時もありやす。

ちなみに、私は終日なんにもしたくない期です。

Ads by Google
サブコンテンツ

このページの先頭へ