仲間がいたから頑張れました

答えてくれた人

トトチさん
トトチさん

不妊期間

2010年4月~2012年9月

治療歴

2年5カ月

治療内容

卵管造影・フーナーテスト・精子検査・通水検査・タイミング法9周期・クロミッドでのタイミング6周期・薬漬けに疲れ、3周期タイミング法・その後陽性となるも、7週で繋留流産、3周期お休み

妊娠するために自分が行ったこと

食生活の見直し、ウォーキング・ヨガ

不妊と知った時の気持ち

焦る気持ちと、どうしたら良いのか不安でした。

諦めそうになった時の乗り越え方

赤ちゃん待ちをしている方たちが集まるサイトで弱音を吐いたり、励まして貰ったり、また反対に励ましたり。長い出口のないトンネルに例える事がよくありますが本当にその通りで、不安で怖くて、出口がいつなのかが分からない、何とも言えない気持ちになっている中の、ベビ友さんの存在は『灯り』です。みんなの頑張りが自分を励ましてくれた。

友達の妊娠

出産や妊娠を祝える方と祝えない方が居ました。黒い気持ちになった事も多々ありました。私は流産した時期に、『出産おめでとう』を言う事があったのがやっぱり辛かったです。

総額

ざっくりとですが、 サプリメントや通院、転院などから総計すると・・・約20万は軽く超えていると思います。

最後に

不妊、不妊治療は本当にデリケートな部分で、私の様な治療歴が比較的浅い、人工授精や体外受精を経験されている方と比べると話をするのがおこがましいとさえ思えてしまいます。ただ、授かれない辛さは同じ者同士しか判らないのかも知れません。一人で抱えたり自分を責めたりはして欲しくないと思っています。子供を望む全ての女性に小さな奇跡が天使が舞い降ります様にと、願って止みません。




Ads by Google

コメントを残す

このページの先頭へ