促進剤が効かなかった!笑

すーちゃん

DSC_1059

出産した時の年齢

30歳

出産年月

2014年12月に自然分娩で出産

赤ちゃんの性別

男の子

陣痛からどれくらい?

陣痛と破水が一緒で、25分!
母子手帳には、陣痛促進剤を投与し始めてからの時間の【2時間27分】と記録してありました。

陣痛の痛みを表すなら

MAXの食中毒!痛いのと苦しいのとで、よくわからない!笑

陣痛乗り切り方

とにかく呼吸をすること。
なんでもいいから強く握る。

我が子を最初に見た感想

上の娘にそっくりで、本当に『ありがとう』という気持ちでいっぱいになった。

入院~出産までのこと

今回も切迫だったこともあり、37週で子宮口が5㎝開いていました。
病院に行ったのはお腹の張りを感じた38週で、病院に着いたら8㎝でした。
でもやはり痛くもなく、でもさすがに8㎝も開いていて帰せないと言われ、そのまま陣痛室に入院。
夜中に定期的に弱い陣痛がくるも出産にはつながらず。
AM9時に陣痛促進剤を投与。
「まれに効かない人もいるんだよ~」と助産師さんに言われてて、「そうなんだ~」と思ってたら私がそうでした!笑
AM11時に人口破水をしてもらい破れた瞬間から激痛!
一気に陣痛がきて全開に。
年末で診察が混み合っていたこともあり、先生を早めに呼んでくれて無事25分後に出産しました。
胎盤が出るときが痛いと聞いていたけれど、特になにもなく、それよりも後陣痛がひどかったです。

これから出産を迎える方へメッセージ

1人目の出産の時は痛すぎてプチパニックを起こし、何もできずに終わってしまった、という感じでした。
なので、今回は前回の反省を踏まえ、とにかく助産師さんを信用しようと決めてました(笑)
その成果か、25分で出産することができました。
1人目の時はただただ「終わった・・・」という感じでしたが、今回は「がんばった!」という気持ちで、自然と涙がこぼれました。
なので、助産師さんを信用することをおすすめします!笑
パニックを起こしてもいいことはない!ということですかね(笑)
痛みの先には感じたことのない幸福感が待っています!^^




Ads by Google

コメントを残す

このページの先頭へ