私の出産レポート【産後編】

【切迫早産編】はこちら
【おしるし~陣痛編】はこちら
【出産編】はこちら

出産直後

夜の7時42分に出産し、部屋に戻れたのは11時。
分娩室から出た廊下では貧血を起こし、助産師さんとヨチヨチ歩きで部屋に戻りました。
(旦那さんは私の両親と祝杯をあげていたそうです笑)
夜ご飯にラップがかけてあるのを見て食べようと思ったけれど、お尻が痛くて座れない!
円座のイスだったのにも関わらず、あまりの激痛で立って食べました。
それから朝の6時までハイテンションすぎて一睡もできず。。。

産後1日目

出産時間が夜の7時だったためその日はカウントされず、次の日から5日間入院することに。
まったく眠れなかったけれど、赤ちゃんへの授乳指導とミルクでの栄養摂取の教室がありました。
初めての授乳は撃沈(笑)
授乳クッションの使い方もぎこちなく、赤ちゃんもうまく吸えなくて、ただただ助産師さんと頑張ってくわえさせてました。

産後2日目

この日は沐浴指導。
市の沐浴指導教室にも参加したので出来ると思ったけれど、本物の赤ちゃんを使って(?)の沐浴はてんやわんやでした。
沐浴も去ることながら、お風呂上りもやることがたくさん!
綿棒でおへそを掃除したり髪をとかしたり、もげそうな腕を服に通したり…
全部終わって部屋に戻ると、グッタリだった記憶があります(笑)

産後3日目

授乳は相変わらずのへたくそさ。
赤ちゃんはうまく飲めなくて泣くし、私もうまくあげられなくてあせるし、あの時は授乳の時間が苦痛でした。
でも助産師さんの神の手で段々母乳が出るようになっていき、おっぱいを飲みながら寝てしまう姿はとってもかわいかったです。
(今も大きくてかわいいけどね笑)
そして仲良しなお友達がお見舞いに来てくれて、久しぶりにリフレッシュすることができました。
この日から母子同室。

産後4日目

初めは抱っこするのも怖くて、ベッドに寝かせたままだったけれど、この日くらいからやっと自発的に抱っこができるように。
旦那さんは目に入れてもいたくないといった様子で、おむつを取り替えてくれたり早速イクメンな面を見ました!
この日くらいからちゃんとおっぱいが飲めるようになり、夜中も3回~4回の授乳になりました。

退院

入院5日目。私の産後の検査の日。
抜糸をしてもらったら歩くのも楽になり、スタスタ歩けるようになりました。
傷跡も良好で、無事退院できることに!
でも、赤ちゃんに黄疸が出てしまい、通院して黄疸の数値の経過を見ていくことになりました。

新生児黄疸

黄疸の数値があまり良くないこと、生理的体重減少の下がりが大きいこと、この2点から退院した翌日から毎日通院してました。
幸いミルクの量を増やしたことにより、この2点は解消。
よく、黄疸はミルクにすればよくなると聞いていたのですが、母乳に固執しすぎて治りが遅かったです。
今思えば、そんなに気にすることはなかったと思います。

家での生活

退院した日はなんだかそわそわ。
病院でのやり方と少しでも違うと不安になったり、欲求がわからなくて私が泣きそうだったりと、何もかもが大変でした。
でも、大変だったのは産後の1か月だけ。
今では意思疎通ができてきて、楽しい気持ちで育児に向き合えてるような気がします。
私は里帰り出産だったのですが、母に預けて近所のスーパーまで行ったり、気分転換に散歩をしたりして、とてもよかったです。
ただ久しぶりの同居だったため、表面には出さないもののお互いストレスは溜まっていたと思います(笑)
眠れなかったり、おっぱいが痛かったりとしんどい中、自分のスタイルで生きる旦那さんにイラっともしましたが、今となっては笑えるのでヨシとしましょう(笑)

後輩ママさんへ

ゆっくりできるのは入院中だけです。
思う存分だらけることをオススメします。
私は読みかけの推理小説があったので気になって読みふけってしまい、結果毎日寝不足でした(笑)




Ads by Google

コメントを残す

このページの先頭へ