私の出産レポート【出産編】

分娩室

ついに分娩室に到着。
痛みは強いものの、まだ会話をできる余裕はありました。
でも『ヒッヒッフー』と言っていないと死んでしまいそうで、ずっと言っていた記憶があります。
この時の痛みは『お腹の中でモンスターが内臓を食べている』と言った感じでしょうか。
とにかく痛かったですが、たまにくる休憩の波でお茶を飲んだりする余裕は残ってました。
この時18時半頃。
助産師さんに『ご主人はいつ来るの?間に合うかな、電話する?』と何回も聞かれ『電話しても早く着くわけじゃないしいいです!てゆーか、そんなことより早く力ませろ~!』と思ってました。
思ってただけで声にはならず、蚊の鳴くような声で『大丈夫です』とだけ言いました。

旦那様到着!

夜の19時。寒い中4時間もかけて旦那様が駆けつけてくれました。
その時の顔は『え?もう分娩室?』とでも言いたげな顔で、ビックリしてました。
旦那様が来たのを待っていたかのようにどんどん強くなる痛み。
この時はすでに子宮口全開で、先生も到着しました。
先生の『頭が見えるよ~!』の声で俄然やる気になるも、シャレにならない痛みで意識が遠のきそうに。
でも旦那様にリップを塗ってもらう余裕があり、まだ時間がかかるのかな?と落ち込みました。

神の手

出産をした友達はみんな『助産師さんの手は神の手』と言いますが、私もそう感じました。
ピンポイントでさすってくれるし、手をにぎってるだけで痛みもやわらぐ。
強い痛みが来てる時は、助産師さんの手の骨を砕いてしまうんじゃないかと思うくらい強く握っていたと思います。
でもほんとそれだけで痛みが和らぐので、オススメです。

会陰切開

病院の方針で、避けるより切ることを推奨していたため会陰切開をしました。
私の場合産道が狭かったため、中の産道も切ったようです。
その時はそんな痛み『へでもない』ので痛みの心配はご無用です!
正直切られてることに気付かないと思います。

吸引

急激にお産が進んだことにより私の体力が急激に低下。
それによっていきむ力がなくなってしまい、吸引をすることになりました。
スッポンみたいなので吸引し、上から助産師さんがお腹を押す、この繰り返しでした。
吸引されることや押されることによっての痛みはありません。
ただただ早く産み落としたい!それだけでした。

出産!

19時半過ぎ、ついに赤ちゃんが産まれました。
特にうんともすんとも言わず、結局『オンギャ~!』は聞けずじまいでしたが、とっても元気な女の子が産まれました。
母子手帳の記録によると、分娩時間は『3時間15分』でした。
もっと大変な思いをして出産してる方はたくさんいると思いますが、とにかくしんどかったです。
でも、後期の運動が効いたのか2700g台の小さ目の女の子で、本当に天使のようでした。
一緒に付き合ってくれた旦那様は、今でも『あの時は大変だったね』と言ってくれるので、立会出産も悪くないなと思います。
ちなみに出産の最後の痛みは、『生理痛が10年分+最強の食中毒』が一気にきたくらい痛かったです。




Ads by Google

コメントを残す

このページの先頭へ