私の出産レポート【おしるし~陣痛編】

おしるし

おしるしは無い人も多いみたいなのであまりアテにはしていなかったのですが、出産前日と当日におしるしがありました。
多少血の混じった水っぽいもので、量はごくわずかでした。

破水

破水をしたのは14時頃。
午前中に2回目のおしるしがあったので、もうそろそろかな?とは思っていましたが、まさかこんなに早く破水をするとは!という驚きと、破水からかよ!という驚きの2つがありました。
私の場合ですが、破水をしてからがとにかく早かったです。

病院到着

破水をしたことを伝えタクシーで病院へ。
普通は破水をしてから出産するまでには、最低でも12時間はかかるというのを他の人のブログなどでも読んでいたため、呑気な気分で病院に向かっていましたが、あれよあれよと言う間に腹痛が襲ってきました。
破水をしてから10分後には軽い生理痛みたいのがきてました。

入院

明らかな破水ということでそのまま入院をすることになりました。
この時15時頃。主人はこれくらいに会社を出てくれたそうです。

陣痛

入院をして30分後くらいに、とにかくお腹が痛い。何をしても痛い。そんな状況が続きました。
時計で計ってみると2分~5分間隔。
でも、最初は10分間隔からと勉強していたため、これは陣痛ではない!と自己解決をしてしまいました(笑)
規則的な痛みと言うよりはまだ波がありバラバラで、助産師さんが来るのを待っていました。
17時頃に夜勤の助産師さんが挨拶に来てくれて子宮口のチェック。
『あれ?かなり痛い?』と聞かれ『かなり痛いです』と答えると『だよね、子宮口が9cm開いてる』というお返事が。
この時の私の気持ちは『よかった~!!!』でした(笑)
この痛みでまだ5cmとかだったら死んでしまう!と安堵したのを覚えています。

いざ!分娩室へ!

主人には12時間くらいかかるからゆっくりでいいよーと伝えたことを後悔しつつもひとりで分娩室へ。
この時は18時頃。タクシーで付き添ってくれた母にも一度帰っていいよと言ったため、一人でお産を迎えることに。
先輩ママさんの分娩室への必須アイテムは『リップクリーム』だったので、リップとカメラを持って分娩室に向かいました。

この続きは『私の出産レポート【出産編】』で。




Ads by Google

コメントを残す

このページの先頭へ