雨の日の過ごし方~支援センター~

1369801346087雨の日は家の中で過ごしているという方も多いと思います。足元も悪いし、駐車場や駅まで行くのも濡れちゃいますしね。
でも、赤ちゃんにとっては『雨』自体が楽しく、面白いものに映ってるかもしれません。
歩けるようになれば水たまりで遊んだり、カエルを見つけたり、遊びの範囲は広がりますが、1歳にもならない赤ちゃんはそれができません。
そういう時どのように過ごせばいいのでしょうか。

支援センターの活用

581884_375665492538742_1622209803_n区や市・町で運営してることが多い『支援センター』、児童館と似ているでしょうか。
支援センターは保育士さんが常駐していて、声をかけに来てくれたり、一緒に遊んでくれます。
うちに置くことのできない大きなキッチンセットや、ボールのプールがあり、滑り台がある所もあります。
私の市では、『0歳児』『1歳児以上』と区切られていて、大きなお姉ちゃんやお兄ちゃんがダイナミックに遊ぶところは見られませんが、ケガの心配は少なく安心です。

ママも楽しい

赤ちゃんはいつもと違った環境で遊ぶことで、世界が広がります。家にないおもちゃ、家より広いスペース、会ったことのないお友達。
これはママにとってもリフレッシュできる場となるでしょう。
普段不安に思ってること、他のママに聞いてみたいことなど、とても話しやすい環境ですし、保育士さんに相談してみてもいいですね。
子供が楽しそうに遊んでいる姿はこちらも嬉しくなりますよ!

注意すること

1370562514207 広くて楽しい支援センター。ですが、その分走っている子もいるし、物を投げる子もいます。
赤ちゃんは悪気があってやっているのではないので、こちらから気を付けてみてあげないとケガにつながります。
他の子をケガさせてもいけないですし、我が子がケガをするのも防がなくてはいけません。
『目を離さないこと』これがルールです。
また、伝染病などもかかりやすいので、風邪をひいてる場合やインフルエンザが流行っている時などは、控えた方がいいかもしれませんね。

行ってみて

1369804706628私は社宅のママさんに誘って頂き、生後6か月の時に行ってみました。
正直もっと早くデビューすればよかった!というのが感想です。
人見知りな娘なので、他の子と遊ぶことはできなかったけど、一緒に行ったお友達はみんな楽しそうに遊んでいたし、初めてのお友達とも楽しそうに遊んでいました。
慣れてくればみんなで一緒に遊べるかな?と思いますが、うちの娘は時間がかかりそうです(笑)
そしてもちろん、雨の日以外でも楽しめます!




Ads by Google

コメントを残す

このページの先頭へ