11月25日【入院8日目:いいことと悪いこと】

妊娠糖尿病疑惑

ついに丸一週間経ってしまいました。

最近思うことは、娘に忘れられてないか、ということ。

2歳なので、いい意味で適応能力が高い!
私の両親や姉と仲良くやってるみたいで、少しだけ寂しいです(笑)

さて今日はいいことと、少し憤慨なことがありました。

まずは憤慨なこと。

それは『妊娠糖尿病』の疑いがあると言われたことです。

失礼なことを言っちゃァ困るよ!
と思いましたが、少し基準値より高めの値が出たらしく、糖負荷検査をすることになりました。

わたくし、糖質制限をしていたのでそんなわけないのです。

でも妊娠後期にはなりやすいという記事を見たこともあるのも事実。
(※それについてはまた詳しく書きます)

もし妊娠糖尿病という診断がくだっても、それは仕方のないことだと思います。
数字がそれを表しているのなら、そうなのでしょう。

でも、問題はその後。
おそらく、カロリーコントロール食を出してくるのです。

今日日、糖尿病にカロリーコントロールなんて、流行ってない!
というのも、最近では『糖質制限』が一番効果的とされていて、それについては筆者、サイトを立ち上げてるほど熟知しているのです。

そうなった時が厄介( ・´ω・`)

私はその食事療法を受け入れることができません。
だって、それで血糖値が下がるわけ無いってわかりきってることですから。
(そして2日後、妊娠糖尿病に認定されるヽ(`Д´#)ノ ムキー!!)

いいこと

あと、普段の食事について。

都立病院ということもあり、普通においしくないです。
というか、まずくもないというか、ほんと普通。

おいしいかまずいかで言ったらまずいです。

そして、ご飯とおかずのバランスが合ってない。

こんなにご飯食べたらみんな糖尿病になっちゃうよー、ってくらい山盛り。
で、残すわけです。

すると、ご飯食べないの?って聞かれる。

毎食。

毎食。

これが地味にしんどい。
食べられないものは食べられないし、食べたくないものは食べたくない。

やはり、ここはもうちょっと頑張って個人病院に戻りたい!という気持ちが湧いてきました(*´ω`*)

そして、いいこと。

シャワーを浴びました(*゚∀゚)
先週の日曜以来で、すっごく気持ちよかったです。

そして、すっごく疲れました(笑)
体力の無さが露呈し、こんなんで子育てできるのかと不安に。。

まぁ、なんとかなるさ、ですかね(*´ω`*)




Ads by Google

コメントを残す

このページの先頭へ