夏の暮らし方【プール編】

1374549780757今回は【プール編】です。
プールは『○歳から入れる』と明確には決まっていません。
3か月からのスイミングスクールもあるくらいです。
ここでは、お家や開放プールの楽しみ方を書いていきます。

プールはいつから?


さきほども書いたように、年齢に明確なルールはありません。
お水が好きな赤ちゃんは最初からすんなり遊べますし、お水の冷たさに泣きだしてしまう赤ちゃんもいると思います。
まずは『お水遊び楽しいね~』とママが足だけ入ってみたり、おもちゃで遊んだりして、プールに慣れることが一番だと思います。

注意点

プール遊びは常に危険と隣り合わせと言っても過言ではありません。
大人のくるぶしほどのお水でも、十分溺れる水位と言われているほどです。
お座りやつかまり立ちが上手にできても、滑って転んでしまったり、ぶつかってしまったり、何が起こるかわかりません。
絶対に目を離さず、『楽しかった!』で終われたらいいですね!

必需品

1374549789715お水に浸かってると言ってもそこは太陽の下。帽子、タオル、水分は必須です。
ストローマグなど、いつでもすぐあげられる体制で、プールサイドまで持っていきましょう。
あと、意外と盲点なのが『Tシャツ』です。
水着の上からTシャツを着せると、日焼け防止にもなるので良いと言われていますが、綿は水はけがあまりよくないため、そのままでずっと遊んでいるとお腹の部分が冷たくなってきてしまいます。
お腹の冷えを防止するためにも、Tシャツの替えもあるといいかもしれません。

プールに入ってみて

うちの娘はお風呂が大好きなので、プールもきっと大好きだろう!という思い込みで支援センターの開放プールに連れていきました。
8か月でしたが、まだ上手にお座りが出来ないので、抱っこしながら足だけつけてみたのですが大泣き。。。
何度かチャレンジしてみましたが、どうしても嫌みたいだったのでその日は切り上げて帰ってきました。
友人の赤ちゃんは最初はダメだったけど、2回目からはすんなり入っておもちゃで遊んでたので、次はいけるかな?と思っています。
でもこのままお風呂も嫌いになられたら困るので、少し期間を空けようかな(笑)
夏が終わってしまう前に、もう一度チャレンジしてみようと思います。




Ads by Google

コメントを残す

このページの先頭へ