オトクに使う?【授乳クッションにもなる抱き枕】

授乳クッションとは

出産して授乳をする時、きっとほとんどの産院で授乳クッションを使うと思います。それは、小さい赤ちゃんはまだおっぱいを飲む姿勢に慣れてないのと、ママも初めての授乳でおっぱいをあげることに慣れていないからです。授乳クッションを使うと、赤ちゃんにとってもママにとってもラクです。産院で使ってみて良ければ購入してもいいですし、抱き枕として使えるタイプのものを買っておくと便利かもしれません。

授乳クッションの選び方

今の授乳クッションは授乳以外にも使い道がいくつもあります。抱き枕になる・授乳クッションになる・お昼寝に使える・・・など、○Wayタイプのものが多く販売されています。妊娠中期~後期にかけての時期はお腹が邪魔になりうつぶせや仰向けで寝るのが辛くなってきます。そうなるとどうしても横向きに寝ることが多くなり、この時に抱き枕がとても重宝します。また、ある程度の大きさがあるので、部屋の雰囲気に合わせた柄を選ぶことをオススメします。

使ってみて

私は妊娠中期に購入し抱き枕として使用していました。今は授乳クッションとして使用しています。私が購入したのはBenesseとAfternoon Teaがコラボした抱き枕で、柄が気に入って購入しました。正直、どんなクッションでも差はないと思うので、好きな柄のものを選ぶといいと思います。ただ先ほども書きましたが、ある程度の大きさがあるので、部屋に置いておいても違和感のない柄をオススメします。

 

ブログで授乳クッションについて語ってます♪よかったら参考にしてください。




Ads by Google

コメントを残す

このページの先頭へ