赤ちゃんにとっては重要なお風呂タイム【ベビーバス】

どんなタイプがあるの?

ベビーバス
プラスチックタイプと膨らますタイプが販売されています。

選ぶポイント

慣れない姿勢で慣れない動作を約1か月も続けるので、ベビーバスは産後のママの負担にならないものがよいです。自分の身長にあった高さに台がある場合はプラスティックタイプでもよいですが、中腰になっていれる場合は腕の位置に固いものが当たると腕が痛くなってしまいますので、膨らますタイプが望ましいかもしれません。

使ってみて

ベビーバス私は洗面台に膨らますタイプのベビーバスを使いました。形が自由自在に変形するのでピッタリフィットすることが何よりもよかったですが、一番は「腕を置くことができる」ことでした。「腕を置く?」と思われる方が多いと思いますが、赤ちゃんの沐浴をする時、左手で赤ちゃんを支え右手でシャワーを持つ・洗うという動作(またはその逆)は意外と腕に負担がかかります。お湯に浸かってるとは言え約3kgもの赤ちゃんを支え、さらに、指で耳をふさぎ、そしてバタバタ動きます。また、プラスティック製に比べて比較的安く、また場所もとらず、使用後の保管も楽ちんなので、このタイプでよかったと思いました。

 

ブログでベビーバスについて語ってます♪よかったら参考にしてください。




Ads by Google

コメントを残す

このページの先頭へ