秋の出産【11月:女の子】

P1000102-2娘を出産したのは11月中旬。
入院したころはまだまだ秋かな?と思っていましたが、入院した5日後は、冬支度が始まってるなーと感じる気温になっていました。
秋に出産するママの気持ち、秋生まれの赤ちゃんに必要なことを書いていきたいと思います。

秋の出産でよかったこと

妊娠中期に入る頃は夏真っ盛りだったので、薄着で検診に挑めたことです(笑)
妊婦にとっては100gでも少なく見せたい体重なので、私は薄いワンピースだけで検診に行ってました!
あとは、後期に入る頃は少し涼しくなってきていたので、ウォーキングをしてもあまり汗だくにならなかったことは大きかったです。
後期のウォーキングのおかげで赤ちゃんは2700g台で産まれてきてくれたのと私自身も7kgしか増えませんでした。

秋生まれの赤ちゃんのよかったこと

免疫が切れる6か月後は5月というとてもいい季節でした。
なので、流行り風邪なども少なく、外出するのも楽しい気分でした。
それと少し暑くなってきた頃には首も腰も座り、かわいいセパレートの服を着せられるようになったのも嬉しかったです。

秋生まれで困ってしまったこと

産後1か月はお風呂に入れなかったので、寒い12月はシャワーのみでした。
身体が温まりにくく、1か月検診後に湯船に浸かった時はとっても幸せな気分になれました。
それと夜中の授乳は真冬だと少ししんどいかな?
うちは、暖房と加湿器をつけっぱなしだったのであまり不便さはなかったですが、電気代がすごいことになってました(笑)

あったほうがいいかな?

加湿器。
寒すぎてはダメということで、うちでは暖房をつけっぱなしにしていました。
でも乾燥にも気を付けないといけないので、空気清浄器・加湿器もつけっぱなしにしていました。
絶対必要!というわけではないと思いますが、あったらいいと思います。

いらないかな?

P1000293-2私は靴下はいらなかったかな?と思いました。
寒くなる季節だから靴下が必要かな?と思ったのですが、産後すぐに外出するのは早くて1か月後の1か月検診。
その時はおくるみに包んだり、外に出てる時間は少しなので、やはり必要はないと思います。
ですが、かわいい動物の耳がついている靴下はとてもかわいかったので、履かせて写真だけ撮ってました(笑)

今のこと

11月に生まれた娘は8月現在9か月目です。
今着てる服のサイズは80サイズで、ワンピースなどは90サイズを買って来年も着ようと思っています。
今できることは、お座りとずりばいとつかまり立ち。
ハイハイと一人座りはもう少し先になりそうですが、これだけでもあちこち移動するので、目が離せません。
色々な芸(?)ができるようになって、教えるとすぐ真似をするので毎日飽きなくて楽しいです。

8か月目の気持ち

私は自宅と実家と遠いため、普段育児を手伝ってくれるのは主人だけです。
その主人も平日は仕事が忙しく、朝の離乳食から、夜のお風呂・寝かしつけまでを一人でこなします。
最近は夕飯の用意のため離れると泣いたり、寝るまでグズったりと大変ですが、なんとか楽しんでいます。
育児が楽しいと思えるようになってきたのは、ここ最近のこと。
意思疎通ができるようになってきたことが大きいと思いますが、やっと慣れてきたかな?といった感じです。
どんなに大変でも、寝顔を見たら疲れも吹っ飛ぶし、癒されるというのは本当ですね。

秋出産ママへのメッセージ

P1000169-2私は秋の出産でよかったと思っています。
いい季節に向かっていくマタニティライフだったので、大きなお腹で出かけるのも苦ではなく、むしろ楽しかったです。
夏生まれに比べて多めに着せなければいけないけれど、冬生まれとは違って着せすぎてはいけない、など、何かと悩みも多い季節の出産ですが、色々なスタイルが楽しめて楽しい育児になると思いますよ!




Ads by Google

コメントを残す

このページの先頭へ