ベビーもママも嬉しい!【ビブ】

ビブとは

離乳食を始めるとわかると思いますが、はじめはモグモグしても、ヨダレと一緒に半分くらいダラ~と出てきてしまいます。これは赤ちゃんにとっては普通のことですが、普通のスタイでは受けきれないので、その時に使うのがビブです。

ビブの種類

一口にビブと言っても色々な種類があります。どれにも共通しているのが【防水】なことです。一般的にはポリプロピレンなどのビニール素材のものが多いですが、最近ではシリコンタイプのものも多くなってきています。また、お出かけ先でも使える【使い捨てタイプ】のビブもあります。

注意点

離乳食の初めの方はうまく飲み込めなく、口からダラダラ出てきてしまうことが多いです。するとアゴを伝って首に垂れて、そのままお洋服の中に!なんてことも少なくないと思います。そういう場合は普通のビブではなく【シリコンタイプ】のビブの方が良いと思います。首回りにフィットして、お洋服や肌につくのを防いでくれます。上手に食べられる赤ちゃん、月齢が進み口の中にしっかり入るようになった赤ちゃんは、どんなタイプでも大丈夫だと思いますが、その点には気を付けましょう。

使ってみて

うちでは最初普通のビニールタイプのビブを使用していました。食べこぼしは少ないのですが、ヨダレと共に流れ出るご飯粒が首に回ってしまい、毎回お着替えをしていました。着替えさせることは苦ではないのですが、娘に嫌な気分でご飯を食べてほしくない!と思い、シリコンタイプのビブに変えました。お友達に勧められた【メイク・マイ・デイ The Baby Bib】を使用していますが、首回りのサイズ調節が4段階あり、月齢に合わせて変えられるので首に回ることがなく購入してよかったです。何より、シリコンなのでお手入れもしやすくとっても使いやすいです。
私の使っているメイク・マイ・デイのビブのレビューはこちらです♪




Ads by Google

コメントを残す

このページの先頭へ