熱性けいれん

あたふたパニック!

先日、2歳半になる娘が熱性けいれんを起こしました。
もうね、パニック!
人生で初めてのパニック!

いや、財布を落とした時とか、チャリがなくなってた時とか、それもパニックだったけど、そんなの比じゃないくらいあたふた。

仲良しな友達もつい最近熱性けいれんを起こしていて、その時に『うちもいつなるかわからないし、ちゃんと勉強しておこう!』と思っていろいろなサイトを見ていたのです。

でも相当なパニック!
やはりいざとなった時はそんなことは頭をよぎらず。
というか、思ってた熱性けいれんと違ってたというのが、今振り返って思うこと。

症状

あくまでも娘の症状ですが。

*目がいっちゃってる
*顔が真っ白
*唇が真っ青(というか紫)
*意識なし

わが子がこんな状態だと誰でもパニックですよね。

サイト上では【冷静に意識がないのが何分か計りましょう】とか書いてあったけど、そんな親いる?
そんな冷静に対処できる人がいたら、尊敬どころの問題じゃなくて、精神状態をモニターか何かで測りたいわ!笑

私は【けいれん】という名前なのでピクピクするのだと思ってました。
それが↑の状態だったので、パッと『あ!これは熱性けいれんだ!』と思わなくて、本当にオロオロしてました。

娘を抱っこして家の中をウロウロ。

救急車呼ぶ?
どうしよう!
誰かに電話?
どうしよう!

本当にこんな状態。

病院へ!

そしてうちには6か月になる息子もいて、そんな時に息子も大泣き。

申し訳ないけど大泣きしている息子は放置したままで、隣の家に駆け込みました。

『娘の様子がおかしくて、どうしたらいいですか?!!!』

相当あせってて、靴をどれ履いていいかわからなくて、手も震えてました。
やっと両方同じ靴が履けて勢いよくチャイムを押して。

私は社宅に住んでいるので、隣の家は主人の先輩のお宅。
いつも仲良くしてもらっていたので、遠慮なく駆け込んでしまいました^^;

同じく2児のママさんで、いつもおっとりしてるのにしっかりしていて、本当に助かりました。

『とりあえず小児科に診てもらおう!赤ちゃんはうちで預かってるから、大丈夫!』
と言ってくださり、少し冷静になれました。

だってこんな状態を見たら救急車を呼ぼう!と言われると思ったので、あ、小児科でいいのか、と。

またもや社宅のママ友さんに電話して、ものの1分くらいで家を出発してくれました。
その子も2児のママで、お風呂時の忙しい時間帯なのに、『すぐ行けます!』と言ってくれて。

おかげでギリギリ診察時間内に間に合い、病院に着いた時には意識はハッキリしていて、熱性けいれんと診断されました。

主人にも何度か電話したけど全然でなくて、頼るべきものはやはり友人と思いました(笑)
でも、その後すぐ帰ってきてくれて、少しはホッとしました。

その後

18時にけいれんを鎮める坐薬を投与し、また2時にということで薬をもらってきました。
熱は昇降状態で、39度を超えたり38度になったり。

でも0時には相当体が熱くなっていて寝苦しそうで、熱を下げる坐薬を使いました。

これでいったん落ち着き、朝起きた時には37.7度。
でも日中にはまた39度まで上がり、グッタリしてお昼寝。
それがよかったのか夕方にはだいぶご機嫌になっていました。

そしてその次の日は朝から熱は平熱に戻りました^^

よかった!
一時は本当にあせってパニクッて、いろいろなことが頭をよぎったけれど、やっぱり健康ってありがたい!

今日も元気にアンパンマンを観ていました!笑

みなさんも、急な発熱にそなえて、一度【熱性けいれん】の予習をおすすめします!
まぁいざとなったら冷静になれるわけでもないんだけどね、一応^^




Ads by Google

コメントを残す

このページの先頭へ